だから先生に声をかけるな
「グラタン」を好きな人もいるだろうし、嫌いという人もいるはず。無関心な人だって。君が思う「作戦」はどうだろう?
ホームボタン

陽の見えない木曜の夕方は昔を懐かしむ

家の前でハンモックに寝そべり、気持ちの良いそよ風に身を任せていた、休日の夕方の事。
空には少し気の早い月が瞬いていた。少年は、自分ちの猫が「ギャニャァッ!」という凄まじい声に驚いて、ハンモックから下に落ちてしまった。
目を凝らして観ると我が家の猫はヘビと睨み合い、背中を丸めて叫びながら恫喝していた。
蛇はそう大きくはなく、毒も持っていなさそうだったので、少年はそばに落ちていた棒でつついて追い払い、ネコを抱きかかえて再度ハンモックに横になった。少年は、猫の頭を撫ぜてやりつつ胸の上で寝かしつけ、気持ち良さそうに寝入る猫を見つめた。

風の無い仏滅の朝は友人と
学生のときから興味はあっても行ったことはない、だけれども、しかし、夜の暗さの中での動物園は、夜行性の動物が非常に動いていて見てたまらなく楽しいらしい。
行ってみたかったけれど、夜の動物園は入園したことがないけれど、娘がもうちょっと動物をこわがらないようになったら行ってみようと妻と話している。
もう少しだけ怖がらないようになったら、間違いなく、娘も楽しんでくれるだろうから。
よく行く動物園と違う気分を妻も自分も少しは見てみたい。

曇っている月曜の昼にカクテルを

日本には、数えきれないくらいの祭事があるようだ。
生で見たことはないのに、じゅうぶん知っているお祭りは、秩父夜祭りがある。
立派な彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を見たときに、実際の様子を写したビデオや実際の大きさの物を見た。
真冬に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
生で見たいお祭りの一つである。
8月に開催されているのは、福岡市東区のほうじょうえがあり、万物の生命を奪う事を制限する祭事。
昔は、この祭事の期間、漁業もしてはいけなかったという。
受け継がれてきたお祭りも重要だが、私は屋台のリンゴ飴も同じくらい好き。

息もつかさず大声を出すあの子と冷たい雨
毎晩、500のビールを飲むのが楽しみになっているけれど、最近はそのあとにワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に誰かと会うような仕事をしないときに限定されるけれど。
実家を出ていた時に、住んでた部屋の近くで酒屋を見つけて、父の日も近かったので買ってみた。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円以上のプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
家族にプレゼントした、そのワインが一万円することを我慢できずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
その他の感想はなさそうだった。
以来、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
旨い!と思えるアルコールだったら、金額や質にはこだわらないと決めた。

息もつかさず踊る子供とあられ雲

人間のおおよそは水という研究もあるので、水分は一つの体の重要点です。
水分補給を充分に行い、みんなが健康的で楽しい季節を過ごしたいものです。
きらめく強い日差しの中から蝉の声が聞こえてくるこの頃、いつもはあまり出かけないという方も外出したくなるかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関して気になる方が多いかもしれません。
夏の肌のお手入れは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、やっぱり気にかけてしまう部分ですね。
もう一つ、誰でも気を使っているのが水分補給につてです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、あまり良くないものの、この時期は少し例外の可能性もあります。
なぜならば、多く汗を出して、知らないうちに水分が抜けていくからです。
外出した時の自分の体調も関係するかもしれません。
ひょっとして、自分で気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑い盛りの水分補給は、次の瞬間の具合に出るといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっと出かける時も、小さなものでオッケーなので、水筒があれば非常に経済的です。
人間のおおよそは水という研究もあるので、水分は一つの体の重要点です。
水分補給を充分に行い、みんなが健康的で楽しい季節を過ごしたいものです。

湿気の多い火曜の晩は足を伸ばして
一人旅でも出張でも、韓国への渡航回数が多い。
一番は、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女性だったらコスメやネイルなど興味がある人も多いと思う。
韓国人は見かけへのこだわり、つまり自分磨きに関しての力は強い。
面接や、お見合いの際に、日本に比べて露骨に判断される場合が多いとか。
そのことから、韓国の美容商品は、美容に効果抜群の成分が、日本の商品より、多く含まれている。
なので、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが結果は期待できるのではないだろうか。

のめり込んで踊る先生と冷たい肉まん

夏期なのでイベントがものすごく多くなり、このところ、夜にも人の往来、車の往来がとても多い。
田舎の奥まった場所なので、常日頃は、晩、人通りも車の往来もほとんどないが、打ち上げ花火や灯ろう流しなどがされていて、人通りや車の通りが大変多い。
日ごろの静かな夜分が妨げられて割と騒々しいことがうざいが、日常、活気が少ない田舎が活況があるようにうつるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も無く、暗闇なのだが、人の行き来、車の通行があって、にぎやかさがあると陽気に思える。

笑顔で口笛を吹くあなたと横殴りの雪
久しく行ってなかった外での仕事の日、初めて仕事でお世話になったAさんという男性は、大柄な男性だ。
入社時に会った時以降怖くて、仕事以外での会話はちょっとだけしかしたことがなかった。
この前、何気なくAさんの袖をまくった大柄な腕をみてびっくりした!
大きめのパワーブレスがいくつもつけられていたため。
思わず、天然石大好きなんですね!と話しかけてしまった。ほど。
にっこり笑ったAさんは得意げに、いきなり子供っぽい表情で、ひとつひとつのストーンの由来紹介してくれた。

勢いで歌う妹とアスファルトの匂い

誕生日に友達から貰った香水ボトル、花を思わせる匂いだ。
似合う匂いを意識して選んでくれた匂いで、小さくてリボンがついていて可愛らしい。
匂いの雰囲気も香水ボトルも大きくいっても華やかとは言い難い匂いだ。
ショップにはたくさんの香水が並べられていたのだけど、目立たない場所に置いてあった商品。
容量は小さい。
持ち運びやすくお気に入りだ。
外出するときだけでなく、働く時も手提げに、家での仕事のときもそばに必ず置いている。
という事で、手提げの中は、どれもこの香り。
だいたい身に着けているため、つけていないときは、「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまにある。
お店でたくさんの匂いを試すのは好きだが、この香水は今までの中で一番気に入っている香りだ。

雹が降った平日の朝はゆっくりと
タリーズコーヒーでも、ロッテリアでもどこででもコーヒーを飲むことができる。
もちろん、飲みたいときにインスタントでもいいし、どこかで

私が一番好きなのは、スタバだ。
共通してノースモーキングと言うのが、タバコの無理な私にとってポイントだ。
よって、コーヒーの匂いを楽しむことができる。
価格もそれなりだが、立派な豆が使用されているのでコーヒー通にはたまらない。
甘いもの好きには毎回コーヒーと一緒に、ついつい甘い物も頼んでしまうという落とし穴もある。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 だから先生に声をかけるな All Rights Reserved.